<   2006年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

Ashes and Snow in Santa Monica. サンタモニカ. 必見のアートAshes and Snow
f0040929_11345319.jpgShe lives in Santa Monica. She is hungry.
She needs my attention. She posed for me.
But she is not the main subject on the blog today unfortunatelly.
The important thing is.......
Why she is in Sepia?

It is because I got influenced by going to see Ashes and Snow exhibit today.

Photo and film by the Gregory Colbert.
http://www.ashesandsnow.org
Take a Enhanced Experience.
Please check the web site.
Words can not explain the beauty and serine feel I got today.
If this exhibit comes to your town.
I strongly recommend for you to go see. (Supposed to go to Paris, Beijing, Tokyo,...)

The building of the museum was also nice. It was by renowned architect Shigeru Ban. Below, I have a photo of outside of the building.

f0040929_12185525.jpg

このリス、サンタモニカ在住。お腹ペコペコ。相手にして欲しいみたい。で、ハイ、ポーズ。カシャッ。
でも、このリスが今日のメインというわけでは残念ながらないんです。
大切なのは・・・・・・どうしてセピア色なのか???

はい。というのは、今日Ashes and snowという展示に行ってきて、影響されました。
これは、Gregory Colbert氏の写真とフィルムです。

http://www.ashesandsnow.org
Enhanced Experienceをクリック

言葉では言い表しきれないほどの、美しさと静けさ。最高でした。
このショーを見る機会があれば、是非お勧めです。パリ、北京、東京に行くらしいです。
上記のリンクでアートを楽しんでよかったらコメントでも残してください。
尚、この展示場のビルは有名な建築アーティストのばんしげる(坂 茂)さんのアートです。
場内は写真撮影禁止で、まじめに従いましたので、外のみです。f0040929_1291074.jpg


 このリンク気に入っていただけたら一票お願いします。If you enjoyed my blog, please click blog ranking *Thank you*
[PR]

by dolcemilia | 2006-01-30 11:48 | Los Angeles ・ロサンジェルス
Street Corner of Rome. ローマのとある階段
あるローマの街角を散歩していた時、何故か気になったので記念に写真を撮る事にした。
壁の色がローマらしい。
階段の奥に引き込まれそうな小さな広場。
ローマの町のど真ん中で、周りの道には観光客を含めて人がいっぱいいるのに、ここには人が全くいない。ふむふむ???
子供ぐらいこの広場で遊んでいたり、おじいちゃんが日向ボッコしてそうなのに。
あっそうかー。たぶんみんな昼寝してるのかな。
もうすぐしたら、陽気な子供達がアパートから出て来るのかな、朝だったらボコボコボコってカフェを家でつくっている音があちこちのアパートから聞こえるんだろうなあ、なんて、いろいろ想像をしながら、5分程も楽しませてくれた。
この街角、何も無さそうで、何かがあった。
f0040929_1736710.jpg

When I was just strolling one of the street corners in Rome, I decided to stop here and take a photo for some reason that was not clear.
The color of the wall represents Rome.
It is such a mini square where stairs are leading me to see inside.
It is situated in the middle of the city, and there were so many tourists around except this little piazza.
I could maybe see kids playing or old men sun bathing.
Maybe....they are taking a little nap.
Maybe soon, the cheerful kids will come out to play. If it was in the morning, I will maybe hear the souund of home espresso machine from many apts.
For about 5 minutes or so, I totallu enjoyed myself imagining the possibility of this mini piazza.
I know it was nothing there, but something was there if you know what I mean.

 このリンク気に入っていただけたら一票お願いします。If you enjoyed my blog, please click blog ranking *Thank you*
[PR]

by dolcemilia | 2006-01-28 17:53 | Roma•ローマ
One of my favorite places (1) is in Paris. 偶然の続く、大好きな『不思議のメダイ』教会。パリ
『偶然』って理由があって来るもののような気がする。その偶然遭った教会がパリにあります。
この教会はとっても暖かい感じで、パリに行くたびに寄るようにしてます。
ちょっとスノッビーで冷たいパリの人に疲れた時に、行ったのですが、フランス人シスターが一生懸命私が何を言いたいのか聞いてくださいました。感動しました。
名前は『不思議のメダイの教会』としか知らないのですが、ボンマルシェの真横。

何が偶然か話せば長いのですが、簡単に説明すると、(3年にわたって起こった事)
1 ロスにて、ある日ここのメダイ(メダル)を友達がしてたのを見て良いねえと話をする。(教会のことなど、何も知らない頃)
2 同じ日に、サンタモニカの小さなブティックでそれと同じ物を見てしまう。(もち、何かを感じたので買いました。これって、そんなどこでも売っている物でないんです)
3 約2年後、パリで大風邪引いて、飛行機に乗れなかったので、延期滞在先が偶然この教会の横。メダルのことなんて、そのころ忘れてました。
4 また、違う時、ロスで知り合いでロスでも逢わない人に偶然教会のドアのところでばったり
5 ここにいらした日本人シスターの方がたまたま同じ神戸出身で色々説明してくださった。
まあ、こんな感じでとにかく奇遇が幾つも重なって、どうも私はこの教会とつながっているようです。

特にキリスト教でなくても是非一度は訪れてみる事お勧めしま〜す。
***1830年11月27日夜、パリにある女子修道会の愛徳姉妹会本部聖堂に聖母マリアが現れ、修道女だった聖女カタリナ・ラブレに御自分の姿をモデルにしたメダイを作るようにと仰った。このメダイを身につけ『ああ、けがれなくお宿りになられた聖マリア、あなたにより頼む私たちのためにお祈りください』という短い祈りを唱える人に、多くの奇跡が行われたことから「不思議のメダイ」として知られるようになった。
f0040929_831175.jpg

Not certain, but the coincidence comes as if it was meant to come some time. That is this church in Paris. The church has such a warm welcoming feel, and everytime I get to go around Paris, I try to stop by.
When I got there, I was tired of cold attitute of people in Paris (you know what I mean???), those French sisters at the church was trying to understand what I wanted to talk in English with such a sincer way. I was touched.
The name of the church,........not sure. Church of the Miraculous medal. It is located next to Bon Marche.

What is so coincident about it to me...(happen in the separate time)
1. One afternoon, I saw someone wearing that medal in LA, and we talked about it
2. On the exact same day, I found the same medal at a little boutique in Santa Monica which of course I bought it. (this is not something you find in everywhere)
3. When I was leaving Paris, I had terrible cold and couldn't leave. The place I stayed was just next to this church which I had no idea, and I forgot about that medal by then.
4. I run into a friend I know for a long time in LA, who I don't even see in LA, at this church in Paris.
5. One of the sister I found there was from the same home town I am from. She was very sweet.

I think I am somehow related to this church. Everytime I go, something happens.

Even you may not a christian, I would still recommend to visit.

 このリンク気に入っていただけたら一票お願いします。If you enjoyed my blog, please click blog ranking *Thank you*
[PR]

by dolcemilia | 2006-01-27 09:00 | Paris・パリ
Sunset in Trapani, Sicily, Italy トラーパニの夕暮れ
f0040929_9321811.jpg

As a photographer, sometimes I wait hours to capture the right moment at the right place. But sometimes things works out without trying. I was just passing by this area when sun was just hitting the horizon.

*****

自分でイメージした欲しい写真をそのとある場所で撮るために、何時間も待つ事がある。でも、たまにはヒョコっとその場所にたまたま居ることもある。それがこの写真。日暮れぎりぎりのシチリアの一番西にあるトラーパニの街を通りすがった時の一枚。
 このリンク気に入っていただけたら一票お願いします。If you enjoyed my blog, please click blog ranking *Thank you*
[PR]

by dolcemilia | 2006-01-26 09:34 | Sicily (シチリア) Italy
Mommone (mama's boy) in Italy is real? マモーネ(マザコン)。 イタリア
f0040929_5433285.jpg

初めてマモーネの経験をしたのは、数年前にLAにてイタリア人のボーイフレンドと一緒にいたときだった。彼は少し風邪気味だったけれど、結構元気で、殆ど病気ではなかった。

その夜3〜4時間一緒にいた後、翌早朝のミーティング用の仕事が家で残っていたので、家に帰ると言った時、
『ボクのお母さんなら、そんな事言わないで、一緒に居てくれる』
”うひゃーーーー”これこそ、ママミア!でしょ。
他いろいろとゴネて、まるで私に罪をきせた。
ぜんぜん、病気っぽくないのに・・・
これってマモーネの一部かな? 
イタリアに住んでいるわけではないので、なんとなくしか解らない。

他にはパレルモ(シチリア)をドライブしていた時に見つけた看板。
まだママの家に住んでいるの?
これって、マモーネのある国だからこその広告だと思った。

自分で家事をする、又はハウスキーパーを雇うのがあたりまえ、と私の周りの人は考える。でも、それはたぶん、私たちの中でだけの『あたりまえ』かもしれない。
イタリア人の男性が、自分は母と住んでいない、ということを自・慢・げ・に話してたのを訊いた事もある。
でも彼は言った、『いやあ、来ないで、と言っても、お母さんがボクの居ない時に勝手に来て、掃除とかしていってしまうんだ』

個人的には独立してるほうがいいけれど、この母と息子の愛っていうのは、良いとか悪いとか無しに、ただスゴイなあと思う。


The first time I have experienced Mammone (mama's boy) was when I had an Italian boyfriend in LA years ago. He had a little cold that night.
I mean not that sick at all.
That night, I still had some work to do at home to prepare for the early morning meeting.
After spending about 3 or 4 hours with him, I said I was going home.
And he said, "My mom will not do that. She will stay with me".
Mama mia!
And a few more lines cotined which he just made me feel guilty for leaving. And as I mentione, he was not that sick at all.
Is it part of Mommone?

Another time when I was driving in Palermo, Italy, I saw this ad (photo above).
Still living with mom?.......If there is no MAMMONE in Italy, I don't think this kind of ad will exist.

To most aldut I know, living alone as single and taking care of domestic work is normal or hire house keeper. But maybe it is just normal to my(our) environment.
I know some Italian guys are saying PROUDLY that they don't live with their mom.
But they said "My mom comes when I am not home and cleans my home even I ask not to."

I prefer being independent but It is amazing to see that much love(?) between moms and sons.
 このリンク気に入っていただけたら一票お願いします。If you enjoyed my blog, please click blog ranking *Thank you*
[PR]

by dolcemilia | 2006-01-23 05:18 | Sicily (シチリア) Italy
Egg lady in Pizzo, Calabria, Italy •イタリア、カラブリア、ピッツォの卵売りおばさん
She is standing at the street corner. She is strong, been surviving from anything come her way type, puts dozens of eggs on top of her head and brings to her customers like not a big deal, sells eggs to someone who is driiving by.
She is the famous egg lady in Pizzo.

ストリートコーナーに立つ卵おばさん。たくましい、何にもめげないタイプ。
頭に何ダズンもの卵を軽々のせてお客さんにデリバリー。通りがかる車も一時停止を道のまん中でしながら買って行く。
これがピッツォの卵おばさん。
f0040929_16103630.jpg

f0040929_161331100.jpg

f0040929_16225692.jpg

 このブログ気に入っていただけたら一票お願いします。If you enjoyed my blog, please click blog ranking *Thank you*
[PR]

by dolcemilia | 2006-01-20 16:23 | Pizzo (ピッツォ) Italy
Love Los Angeles weather 今日もロスはいい天気
I just love the weather in Southern California.
We have snow up on the mountain that we can ski and snowboard, and we still have warm Tshirt and sun bathing weather at the beach.
These days it start get really congested and traffic is getting worse.
But for living, LA is the easiest!

Other thing I have noticed was the color of the air in LA is whiter than Japan and Europe. White is whiter.The closest that I have experienced in Europe is in South of France during the summer.

Shot these with my mini camera while taking a walk. :)

f0040929_1252689.jpg
f0040929_1253992.jpg


南カリフォルニアの天気は最高!
スキーやスノボーできるぐらい雪は山につもってるのに、ビーチでは日光浴やTシャツでジョギングできる暖かさ。

最近のロスは交通渋滞がひどくなってきてる。
でも、住みやすさや便利さはLAが一番。

あと気付いたのは、空気の色がロスは日本やヨーロッパに比べて鮮やか。『白がもっと白い』説明しにくいですが、これに一番近かったのは南フランスの夏の空気かな。

散歩中にミニカメラで撮った2枚です。
 気に入っていただけたらクリックお願いします。If you enjoyed my blog, please click blog ranking *Thank you*
[PR]

by dolcemilia | 2006-01-19 12:15 | Los Angeles ・ロサンジェルス
People in Pizzo(ピッツォ)、Calabria, Italy :魚屋さん Fish Shop
この街Pizzoは海に面している。街の一部には漁村もある。
毎日、早朝に採れた魚がこのような広場のローカルな魚屋に並ぶのは9時ごろ。

Pizzoはツナの缶詰も有名。私がこれまでに食べた中で1番美味しかった。
缶詰でもここのを食べれば味がいいのがわかる。

イカが美味しそうだった。(実はイカぐらいしか、調理の仕方が解りそうなのがなかった・・・・・小さい魚は衣をつけてフライという調理法が定番らしい)

f0040929_7535538.jpg

 気に入っていただけたら一票お願いします。If you enjoyed my blog, please click blog ranking *Thank you*


This town Pizzo is right by the ocean. There is a fishermen's village as well.
They catch fresh fish every morning, and by 9 am, they are sold at the local fish shop right at the piazza just as in the photo.
This town is also known for Canned Tuna. As canned tuna I have tasted in my life, the one from here was the best. I mean there is a big difference in taste.

Squid was looking all so good. (Actually, that was the only thing that I could possibly imargine how to cook....I heard that they usually fry the little fish)
[PR]

by dolcemilia | 2006-01-19 08:12
People in Pizzo(ピッツォ)、Calabria, Italy :ヘアーサロンでなくて床屋。Barbarshop
これは映画『Pizzoの休日』の1シーン。なわけないです。
今日のゲストは床屋のおじちゃん達。
カミソリとはさみで昔ながらの刈り方。
後ろに見えてるのはPiazzaのカフェ。
毎日この前を通るので、顔見知り。つい昔からの知り合いのように写真を撮らせてくれた。

This is a scene from the movie "Pizzo Holiday".
Yah....right!
Today's guests are the people in the barbarshop.
Using the old fashion razor and scissors.
Behind them, you see caffe in the Piazza.
We saluted everyday as I passed by, so he welcomed me to take this photo as I knew them for a long time.

f0040929_542113.jpg

 気に入っていただけたらクリックお願いします。If you enjoyed my blog, please click blog ranking *Thank you*
[PR]

by dolcemilia | 2006-01-18 05:04 | Pizzo (ピッツォ) Italy
The eye of GOD. 神の目 NASAの写真。
これはアメリカNASAの写真。
とても奇麗ので載せました。
願い事がきっとかなうような・・・
実際の現象で、Nebula は地球からの650 光年にある惑星。ハッブル宇宙望遠鏡によって取られ, 結合された9 枚の写真からできている。 惑星状星雲であるらせん状星雲らしい。
なんかパワー感じませんか?

『神の目』

星の大きさから見ても、かなり大きいのがわかる。
f0040929_1725825.jpg


According to the Hubbel Telescope site, this particular picture if of the HELIX NEBULA, which is about 650 light years from earth.
It is said to be the nearest planetary nebulae to earth.
A planetary nebula is gas around what used to be a star much like our sun.
The photograph is not just from the Hubble telescope, but is a composite of data from the Hubble telescope and from Kitt Peak in Tucson, Arizona.
[PR]

by dolcemilia | 2006-01-17 17:17 | Other Goodies その他