Trattoria Al Matarel - One of my favorite Milan restaurants • ミラノのお気に入りレストラン
One of my favorite restaurants in Milano is

Trattoria Al Matarel
Tel: 02.654.204
Address: via L.S. Mantegazza, 2, Milano

I usually do not eat heavy meat unless they taste very good. But since restaurant is known for Oso bucco, I tried. And it was great.

Very casual yet nice. Good wine too. The time I went was in October, so they also had simple pasta with tartufo (Truffle), which was served just a pasta and tartufo, no heavy or tomato sauce. It was very delicious.

The day I was there, I saw Robert De Niro across the table.

There is one thing important, which I found out from my experience and enthusiasum towards food, that I recommend to do in order to eat very good food especially in the major cities in Italy.This is very very important!
Which is the following.

• Have a casual talk with waiters, and in a casual way, let them know you are not just a typical tourist, but you are there as a food critic/chef/writer/.....(whatever you come up with), and tell them that you are expecting to be served and eat great food since someone has recommended the restaurant highly.

Then, they will not treat you like a tourist. It was not like this way 10 years ago, but these days they treat tourist like fast food restaurant customers. I am not saying that all the restaurants are like this way, but I thought I would share since we all want good quality, right?

PHOTO: FOUR SEASONS HOTEL in MILANO
f0040929_265327.jpg
ミラノのお気に入りレストラン紹介。

Trattoria Al Matarel
Tel: 02.654.204
Address: via L.S. Mantegazza, 2, Milano

普段はヘビーな肉類を、あまり食べないんですが、このお店はオーソブッコで有名だと聞いていたので、食べてみたら、お肉もお箸で食べれるぐらいの柔らかさで美味しかった。味も抜群。

トラットリアなので結構カジュアルなお店、でも雰囲気はとても良い。10月に行ったときはトリュフのパスタとかもあって、シンプルなソースなしパスタと大きく削りたてのトリュフが贅沢にもパスタの上に一面にのって、目でも、舌でも、頭でも、鼻でも楽しめた。

たまたま行った日にはロバート・デニロも食べに来ていた。

食べる事が趣味なので、そこから来た経験談なんですが、イタリア、特に観光客の集まる大都市にて美味しく食べたい人には是非ともお勧めTip。

・ ウェイター達とカジュアルに話す。(イタリア語はできなくても、片言英語で充分) そして、ここのお店の評判をきいたので、来た.(私だったら、美味しいって聞いたので、わざわざロサンジェルスから食べに来たなんて、半分ジョークで軽く流す)
そして、嘘までつく必要はないですが、自分は料理の先生だ、とかFood ライターだとか、料理研究家だとか(ここは、適当にクリエーティブに)、とか愛好家で食べ物へのこだわりを言って、ただのツアリストでは無いのだということをカジュアルにエレガントに伝える。

すると美味しいごはんとプロのサービスが得られる。

まあ、トップ3%ぐらいに入るレストランなら、このような事はしなくてもしっかり美味しい物が食べれる。でも、片言でも働いている方達と会話するという事で食事も美味しくなるかも。

10年前は、あまり感じなかったけれど、ここ数年観光地大都市では、ただの旅行者と見られると、どうも最近ファーストフードの客のように、あまりよく扱ってくれなかったりする事がある。ちょっとがっかり・・・

もちろん全てのレストランがこのようだ、というわけではないのですが、美味しく食べるちょっとしたヒントでした。

写真は MILANOのFOUR SEASONS HOTEL
[PR]

by dolcemilia | 2006-04-13 02:07 | Gourmet•グルメ


<< What is your fa...      Om Shanti Shant... >>